筋トレ初心者

筋トレが続かない人必見!続かない5つの原因と5つの習慣化する方法。

筋トレを始めては見たものの3日坊主で終わってしまった。1か月頑張ってみたけれどなかなか成果が出ず諦めてしまった。

このような経験の方たくさんいると思います。

なぜなら筋トレを継続して行える人は5%程度しかいないと言われているからです。

それだけ筋トレを継続させることは難しいということをまず理解してください。

私は現在筋トレ歴でいうと3年ほどなのですが今回の記事ではできるだけ筋トレを継続するために意識するべきについて書いていきます。

 

習慣化させよう

筋トレは習慣化させないとよっぽど好きでないとなかなか続きません。

そもそも習慣化はどうしたらできるのか、どれぐらいでできるのかが曖昧だと思うので説明していきます。

習慣化とは?

皆さん歯磨きやお風呂に入るたびに嫌な気持ちになったりしますか?

大体の方はならないと思います。むしろお風呂や歯磨きを1日休んでしまうだけで不快な気分になる方がほとんどではないでしょうか。

これは日常生活の中で毎日継続して行っていることが体に習慣として染みついているからです。

本題ですが筋トレもこれと同じで習慣化させることができれば簡単に継続させることができます。逆に筋トレをしないと落ち着かなくなるぐらいになるかもしれません!

では具体的に習慣化させるにはどれぐらいかかるのでしょうか?

習慣には3つの種類があり、それぞれ習慣化するのに必要な時間があるといわれています。

行動的習慣名 部屋の片づけ、勉強、習い事、家計簿、レコーディングの習慣などの事を言う。

習慣化されるためには1か月~2か月かかる

身体的習慣 ダイエット、早起き、運動、禁煙、禁酒など体のリズムに関わる習慣

習慣化されるためには2ヶ月〜3ヶ月と言われています。

試行的習慣 考え方そのもの例えばポジティブな思考の習慣

習慣化にかかる期間は約6か月

上の表を見てもらうと筋トレは運動に含まれますので身体的習慣ということが分かります。

表に書いてあるように身体的習慣を習慣化させるためには2か月~3ヵ月もの時間がかかるのです。これをしっかり理解しているのとしていないのでは継続化の成功率が格段に変わってきますのでしっかりと理解しておいてください。

もし1か月続けられたのならあと半分頑張るだけで習慣化できるので諦めず頑張ってみてくださいね。

筋トレが続かない原因5選!

1、成果が見えない

これは筋トレを1週間以上続けた人が考える悩みではないでしょうか?

毎日しんどくても筋トレをしているのに見た目が全然変わらない、、、

しかし、これは仕方がないのです。

そもそも筋トレを1週間行うだけで体が変わるわけがありません

なぜなら筋トレはダイエットと同じように少しづつ積み上げていくもので短時間で劇的に変化させるトレーニングではないからです。

それでも2~3か月トレーニングを行うと目に見える変化が表れてくるので2~3か月継続を目指して頑張ってみてください。

2、目標が不明確

目標がなく、ただ適当に筋トレを行っていませんか?

人は目標がないとなかなかモチベーションが上がらずやる気が出ません。

ですので何となくでトレーニングを行うのではなく毎日腕立てを20回やる!等の目標を作ってみましょう

最初から毎日100回腕立てをやる!とかだとなかなか続けるのが難しいので最初は5回でもよいので毎日行うようにしてみましょう!

3、トレーニングがつらい

トレーニングがつらいというのは最も筋トレが続かない原因といっても過言ではないのでしょうか。

このような悩みの方はしんどいトレーニングを続けることよりもまず習慣化させることが先なので簡単なトレーニングから始めてみましょう!

最初はトレーニングを1回やることから初めてもよいです。

毎日続けることを第一に考えましょう!

4、トレーニング方法が分からない。

いざ筋トレを始めようと思ってもどんなトレーニングを行えばよいのかが分からないという方もいると思います。

最初は腕立て伏せ、スクワット、プランク(腹筋)から始めてみましょう!

慣れてくると物足りなくなってくるかもしれませんがその時は腕の位置をかえて効かせる部位を変えたり、重量のあるバッグを背負ってスクワットをしたりしてみましょう!

さらに慣れてきたら負荷を増やすために一回一回をゆっくり行うのもよいですよ!。

これを3か月間継続するだけでも十分引き締まった体を手に入れることができます。

5、優先順位が低い

皆さんは筋トレをやろうと頭ではわかっていても普段漫画を読んだりYouTubeをみたりすることを優先してしまっていつの間にか時間が過ぎている経験ありませんか?

このような経験がある方は優先順位を自分の中で高くする必要があります。

やり方としては、トレーニングを行う時間を固定することです。

例えば夕方の5時からトレーニングを行うと決めているのであれば何をしていても筋トレを優先して5時にトレーニングを始めてください。

ただし5時前に気が向いて始めるのは全然構わないです!

こうすることで筋トレが優先順位として娯楽よりも高くなっていくので試してみてください。

 

筋トレを習慣化するコツ

これまで筋トレが続かない原因や改善方法を紹介してきました。

ここでは筋トレの習慣化をできるだけ楽にさせる方法5つを紹介していこうと思います。

1、トレーニングメニューを決め固定化する

いざトレーニングを始めようと思ったときに何のトレーニングを行うか迷っているとやる気がなくなってしまいます。

そこで月曜日は腕立てをする、火曜日はスクワットをする、と決めているとトレーニングの内容を考えずに行えるのでやりやすいです。

2、小さな成果を喜ぶ

筋トレを行っていると最初は腕立て伏せが5回しかできなかったのに2週間継続すると20回できるようになったという回数による変化が現れてきます。

このように見た目には変化がなくても回数として数字が増えていくたびに喜びまくりましょう!

そうすることで筋トレのモチベーションを上げることができ、もっと頑張ろうと思えるようになります。

3、鏡を見る

筋トレをして筋肉に負荷を与えると一時的にですが筋肉が大きくなるパンプアップという現象が起こります。

パンプアップをすると体がいつもより大きく見え、かっこよく見えるため筋トレ後は必ず鏡を見ましょう!

大きくなっている筋肉を見るととてもやる気が出ますよ!

4、トレーニング内容をメモする

トレーニング内容を毎日メモすることはとても大切です。

人間はすぐに忘れてしまう生き物なので1か月前どれぐらいの回数の筋トレをできていたのかなど忘れてしまいます。

そこで毎日メモを取ることで1か月前よりどれぐらい自分が成長したのかを知ることができます。

特に最初のうちは筋肉が付きやすく成長もとても速いので、是非メモを取ることを心がけてみてください。

5、筋トレをしている友達を見つける

これは筋トレだけではなく勉強や運動など何にでも当てはまるのですが共通の趣味を持った友達、ライバルを見つけることです。

友達がいると自分も頑張らなければ!と励みになりますしお互いに頑張りやすくなります。

また友達と筋トレ後体を見せて自慢し合うのもとても楽しいですよ!

まとめ

今回の記事では筋トレが続かない原因や習慣化するためのコツを紹介してきました。

最初に書いたように筋トレを習慣させられる人は100人中5人程度です。

その5人の中に入れるように頑張ってみてください。

また本記事では筋トレを続ける方法を紹介しましたが筋肉を大きくするためには筋トレだけでは効率が悪いです。

効率よく筋トレを行う方法についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

効率の良い筋肉のつけ方皆さんこんにちは! 筋トレを始めたばかりや、始めようと思っているけどやるからには早く成果を出したい! こんな考えを持っている方い...