筋トレ初心者

筋トレ初心者必見!ジムへ行く時に持っておきたい道具10選!

これから夏に向けて体を大きくしたい、体を絞って海でかっこいい体を見せつけたい、最近運動不足で体を動かしたいからジムへ行きたい…

でもいざジムに行くには何を用意したらいいのかわからない、服さえあればジムに行くことができるの?

こんな悩みの方いませんか?

この記事さえ読めば初めてジムへ行く方でも自信をもってスマートにジムデビューができますよ!

ジムに完備されているもの

まず自分が用意する物の前にジムの設備はどうなっているのか知らない方がほとんどだと思いますので基本的なジムに完備されているものを紹介します。

エアコン

真夏や真冬だとトレーニングの質が落ちるのではないかと不安な方もいませんか?

トレーニングジムは基本1年間を通して温度が安定していてスポーツを行うのに適した温度設定がされています。

そのため冬でもジム内は寒すぎずちょうど良い温度なので防寒着を着ていく必要はないです。

シャワールーム

シャワールームも大体どこのジムにも完備されています。

そのためトレーニング後予定が入っている方でも着替えの服を持っていけば安心してたくさん汗をかくことができますよ!

水やプロテイン

水やプロテインは自分で持っていくこともできるのですがお金を払うとジムでもらうことができます。

例えば毎日ジムに通うようであれば水やプロテインを毎日持っていくのはなかなかめんどくさいですよね。

そういった方はジムで水を購入することも楽でいいと思いますのでやってみて下さい!

ロッカー

ロッカーはもちろんジムにあるのは当たり前なのですが場所によっては自分専用のロッカーを借りることができます。

トレーニングを続けていくうちに靴や、後で説明するのですがトレーニングベルトなど荷物がかさばってくる可能性があります。

そんな方は自分専用のロッカーを借りて家に持ち帰らずジムに置いておくことも一つの方法なので試してみて下さい。

ジムに持っていくもの

ではここから本題のジムに必要なものを紹介していきます。今回はジムへ行くのに必ず必要なものとトレーニング内容により必要なものを紹介しますのでご覧ください。

必ず必要なもの

1.トレーニングウェア

まずはトレーニングウェアです。トレーニングウェアは動きやすければ,特にこれはダメ!みたいなものはありません。

しかし男性の方ですと肩回りの筋肉が付いてくると袖が邪魔になったりするため、タンクトップなどがおすすめです。

またランニングマシンを使って心肺機能を上げたり、ダイエットをする方は汗をたくさんかくので速乾性・通気性が良い服を選んだほうがいいと思います!

2.トレーニングシューズ

トレーニングシューズも室内用シューズでしたら特にこれといった規定はありません。

しかしランニングや足を鍛える種目を行う場合は靴擦れなどの怪我のリスクがあるため自分に合った靴を履いてくることをお勧めします。

3.タオル

ジムではトレーニング内容によってはかなりの汗をかくため、タオルは必ず持参するようにしてください。

汗が床に飛び散っていたりトレーニング器具がびちょびちょになっていたりすると次に使う人の迷惑になってしまうので必ずトレーニング後は器具を拭くようにしましょう。

4.水分(水やお茶など)

水分はジムで補充しない方は必ず持ってきてください。ジムで水分補給をしないというのは本当に危険です!

また普通の水じゃなくスポーツドリンクのほうがトレーニングの質は上がると言われているのでスポーツドリンクにするのもおすすめです。

トレーニングによって必要なもの

5.トレーニングベルト

トレーニングベルトは着用することで物理的に腰回りの補強・サポートすることが可能でトレーニング中の腰へのダメージリスクを軽減させることができます。

そのためスクワットやデッドリフトなどの重い重量を扱う種目では怪我のリスクを減らすためにもぜひ用意していただきたいです。

6.パワーグリップ&リストストラップ

パワーグリップ&リストストラップは握力を補助しデッドリフトやプル系のトレーニングの追い込みに有効です。

特に初心者や女性の方は背中や腕の筋肉を追い込む前に握力がなくなってしまい、思ったようにトレーニングを行うことができなくなってしまいます。

7.リストラップ

リストラップは手首関節を物理的にサポートする物で高重量のベンチプレスを行うときには必要不可欠です。

そのため最初はなくても大丈夫ですが、ある程度の重量を上げれるようになってきたら怪我のリスクを減らすためにも必ず用意しましょう!

 

 

ジムに持っていくのにおすすめの物

8.イヤホン

イヤホンはワイヤレスのイヤホンがおすすめです。有線のイヤホンですとトレーニングの邪魔になってしまうので気を付けてください。

ジムではどうしても周りの器具の音や話し声が気になってしまいトレーニングに集中できないことがあります。

そんな時自分が普段聞いている曲や集中しやすいBGMを流すことでとても集中力が高まりやすくなるので是非持ち込んでみて下さい!

9.メモ帳

メモ帳はウエイトトレーニングを行う方は是非持ち込んでみて下さい。

筋トレの醍醐味はかっこいい体を作ることともう一つが自分の最大重量を更新することです。

しかし人間は1ヵ月前の記録を正確にはなかなか覚えていないものです。そこで毎回のトレーニングをメモすることで自分がどれぐらい成長したのかを目で見て確認することができます。

また逆にどこの部位が成長していないのか、弱いのかも理解することができるので筋トレにはぜひメモを取る習慣をつけてみて下さい

10.プロテイン

たんぱく質は筋肉を形成するうえでとても大事なのですが運動後30分以内に摂取するとより吸収率があがり効率よく筋肉をつけることができると言われています。

そのためトレーニング後家でたんぱく質を取ることよりもトレーニング直後にたんぱく質を摂取したほうが良いのでジムに行く際はプロテインを持っていくようにしてみてはいかがでしょうか!

まとめ

本記事では初めてジムに行く方に持っておいたほうが良い道具について紹介しました。

トレーニングジムはとりあえずウェアとシューズがあればだれでも行くことが可能ですので引き締まった体を作りたい方や生活習慣を良くしたいとお考えの方は是非足を運んでみて下さい!

そして鍛えぬいた体で良い夏をお過ごしください!